読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひかりいづる葵の影

信長の野望オンラインでのほほ~んと、ガチは無理です(笑)。けどいろいろ教えてください。

突貫、天橋立ツアー(2時間半)~信ON課金切れ中~

  1. 前回前々回の記事における出来事
  2. 課金が切れたタイミングにリアルで集中したい事情が重なる
  3. ゲームはしたいけど、課金したくない(コラコラ)

というわけでしばらくお休み中、もののふの日にはINしたいと思っています。数少ない読者様向けへ所謂生存確認ですね、今回は信ONとは関係ない記事です。

冠婚葬祭ごとが起こったため

両親を舞鶴まで車で送ることになり、葵は運転手として駆り出されました。が最寄り駅近くで

「終わったら迎えに来るから、また後で~~~」

と車から放り出されることに・・・。「あとで迎えに来てね」のつもりだった(車が無いのは想定外)ので、ちょっとまてまてです(笑)。カメラだけは持って出かけてたのが良かったです。

丹鉄に乗って天橋立へ

放り出される前に運転を親と変わってたので、プランの大幅な変更!で鉄道を使っての観光に切り替えました。あと5分で列車が出るところだったので間一髪です。

trains.willer.co.jp

西舞鶴駅から天橋立駅まで「丹鉄」で向かいました。一昔前は「北近畿タンゴ鉄道」と呼ばれた路線ですが、最近名前を変えています。日本海沿いを走る電車で、豊富な景色が魅力の路線だったので乗ってみたかったのです。

f:id:Cosmop:20161005141100j:plain

リンク先の路線図からも分かるように、山もあれば海もあり車窓に流れる景色は目移りします。天橋立まで45分程でしたが、濃密な時間を過ごせた事この上ありません。

f:id:Cosmop:20161005141558j:plain

因みに上の写真は由良川橋梁の上からの写真です。たぶん名前は知らなくても有名なので、「あ~ここか~」って思っていただけるかもです。

f:id:Cosmop:20161005141956j:plain

この橋の上です、ご存知ですか??

天橋立に着くも、観光時間は1時間弱

本当は展望地まで昇ると良かったのでしょうが、両親との待ち合わせ時間までの残り時間を考えると無理と判明。歩いて海を見ておこうと思い、砂浜海岸のほうへふら~りとお散歩。当日は快晴、夏かと思わせるほどの暑さでした。

 

f:id:Cosmop:20161005143424j:plain

f:id:Cosmop:20161005143533j:plain

以上ちょっとだけ観光して、駅にすぐ戻るという突貫旅行(笑)編です。

 

次は信ON記事を書けたらいいなぁ~・・・。