ひかりいづる葵の影

信長の野望オンラインでのほほ~んと、ガチは無理です(笑)。けどいろいろ教えてください。

信On能楽の実装例~ご利用は計画的に~

祝い&御破算で雑魚狩りに便利でありつつも、地勢の効果がややこしい感は否めない能楽。葵のメインは能楽ですが、戦闘ごとの実装は数種類に分けられています。今回は私が良く使う実装例を記事にして、参考にしていただければと思います。

f:id:Cosmop:20190306175210j:plain

なお能はいろんな戦闘スタイルが楽しめるので、これが「公式」ではありません。ただ何事も基本的に押さえておきたい「トコロ」はあるので、そこを重視した内容であるとご認識ください。

登録実装は大きく4種類

  1. 御札&雑魚狩り
  2. 黄金7
  3. N上覧等ボスメイン
  4. 蜘蛛&祟り

この4つです。1~3はまあ見ての通りなところで。4だけは条件ありきですが、青龍&朱雀の塔で使うことが最近では多いですね。個人的には4が能楽やってる感が一番大好きです(笑)

1:御札&雑魚狩り実装

f:id:Cosmop:20190306181602j:plain

 「行進曲」「転寝の旋律」「祝いの連調」「奏楽術」「首尾軒昂」「感銘の謡」「弁才の謡・弐」「回避術極意」「早拍子」「序の舞」「幽曲の調・参」「不協和音」「獅子の謡」「御破算」「蓬莱の謡」

「祝い」で地勢を「獅子」込みで3つにして、「御破算」で殲滅という狩専用スタイル。「行進曲」「転寝の旋律」に関しては、「御札の力」での箱開けように使います。大きなひねりはないけど雑魚狩り・秘宝狩りには適してるスタイルではないでしょうか。

2:黄金7の実装

f:id:Cosmop:20190306184218j:plain

「糸立の謡」「地鎮の調」「首尾軒昂」「鬼の化粧」「奏楽術」「気勢侵奪」「乱拍子」「浮れ拍子」「渡り拍子」「早拍子」「弁才の謡・弐」「吉祥の謡・煌」「獅子の謡」「追風の謡・弐」「祟の謡」

最後の2つ「追風」は物理アタさん多ければ「激戦」に変更、「祟の謡」は「蛮勇の謡」でもいいです。開幕からの動きとして能楽的には

「糸立の謡」「追風or激戦」「アイテム:水神のお守り」

で大体終わるので、つかえたら(使える時間があれば)小玉・奥義など使えるようにという内容の実装です。四色の「拍子」は実装枠余るんで、こっちで持ちますよーてきな感じ。

3:N上覧等ボスメインの実装

通常の表側実装

f:id:Cosmop:20190306185623j:plain

「激昂の謡」「気勢侵奪」「鬼神化粧」「全体看破・参」「首尾軒昂」「祓いの調・弐」「数寄の誉」「奏楽術」「獅子の謡」「吉祥の謡・煌」「験気の謡」「感銘の謡」「弁才の謡・弐」「幽曲の調・参」「蓬莱の謡」

 「獅子の謡」に関しては対戦相手により、「凪の謡」or「九死一生の謡」に変る部分。また「験気の謡」も「向風の謡」などに変更することで、都度細かい微調整を行う実装枠です。奥義は「蓬莱の謡」で緊急避難を前倒しに使う(崩れだしてからでは遅い)といいです。

(2019/03/07追記:表側実装の「吉祥の謡・煌」の部分は「早拍子」でもいいと思います)

切替の裏側実装

f:id:Cosmop:20190306191402j:plain

「激昂の謡」「気勢侵奪」「鬼神化粧」「全体看破・参」「首尾軒昂」「祓いの調・弐」「地鎮の調」「数寄の誉」「奏楽術」「吉祥の謡・煌」「験気の謡」「感銘の謡」「弁才の謡・弐」「幽曲の調・参」「健勝験気の謡」

「蓬莱の謡」を崩れだす前に使えれば、「健勝験気の謡」を切替で使い『ダメ大幅ダウン&回復量大幅アップ』の状況を作り出せます。地鎮を置いてるのは回復量アップ状況を時間延ばし必要がある場合、という環境が想定できるなら。表と同じく「験気の謡」は「向風」などに変更も考慮してください。

 

※激昂の4分をどう扱うのか

激情と比較し1分の時間延長のため(こちらの記事参照)、開幕からの動きとして

激昂⇒詠唱⇒感銘or験気等を2回分、で激昂有効時間の4分が切れます。

この後すぐに激昂に回った場合、45秒前での地勢更新はズレが生じがちな傾向があります。このため2回目の激昂に関しては、釣り役(主に盾鍛冶さん)の行動状況及び標的固定具合を確認して行うといいです。「次の次激昂にまわりますね」とか声掛けしてあげると、盾さんも意図をご理解いただけるはずです^^

※対戦Nに人型(釣りキャラ)いても激昂なのか?

個人的には激昂で釣るのを優先です、こちらが釣られることになったとしてもです。アタッカーさんであれば「宝玉:破凝」の効果で、標的固定の解除は余裕をもってできるはずです。逆説的に言えば「破凝」をしっかりいれずのアタッカーは、まずここを強化したほうがいいでしょう。

4:蜘蛛&祟り実装

通常の表実装

f:id:Cosmop:20190306195310j:plain

「激昂の謡」「気勢侵奪」「鬼神化粧」「全体看破・参」「首尾軒昂」「祓いの調・弐」「数寄の誉」「奏楽術」「獅子の謡」「鬼の化粧」「地鎮の調」「感銘の謡」「弁才の謡・弐」「幽曲の調・参」「蜘蛛糸の謡」

 (2019/03/07追記:表側実装の「地鎮の調」の部分は「早拍子」でもいいと思います)

切替の裏実装

f:id:Cosmop:20190306195728j:plain

「激昂の謡」「気勢侵奪」「鬼神化粧」「全体看破・参」「首尾軒昂」「祓いの調・弐」「地鎮の調」「数寄の誉」「奏楽術」「鬼の化粧」「浄化の調・弐」「感銘の謡」「弁才の謡・弐」「幽曲の調・参」「祟の謡」

青龍なら開幕から「蜘蛛糸」、朱雀でも「激昂」⇒「詠唱」⇒「蜘蛛糸」で永続的に相手の手数を減らす。さらに切り替えて「祟の謡」に「地鎮」を重ね、こちらの与ダメのみ増加させるという能楽らしい実装構成。唯一の弱点は「不動系」が無いので、これは軍学さん&神職・巫女さんにお願いする形になります。

これの肝になるのは同じ地勢マークですが「蜘蛛糸」は「弁才」で上書きされない、ここにつきます。気合回復上昇技能のみを考え弁才を使い、あとは感銘で大玉&小玉をどんどん作り使うことができるのです。「祟り」に大玉乗せると、ダメージが掛け算で上がるという、非常に楽しい状況を作れるのでお勧めな実装です。

5:覚醒流派は・・・・

葵は「基本メリットがない」というか感じられないので、一切使っていません。とはいえ今後のNPC次第では使い方も増えると思いますので、それ次第かな~という感じです。どうしても地勢を貼れるのが「2枚+1枚」である以上、絶縁効果を込みでどう使うのかにメリットを見いだせていないというのが現状です。

6:最後に

能楽って装備代金あんまりかからないのですよ・・・・。当然生命など能力伸ばすに越したことはないのですが、それで地勢の効果が良くなるわけでは一切ないので・・・。なので葵は雑な装備でやってますよw